Company 会社概要

代表挨拶

障がい者の自己実現を追求し、社会発展に貢献する

就労支援施設である「とびうめワークセンター」には、知的や精神障がいをもった方が利用されています。障がい種別は様々ですが、一般就労に近いかたちで実践的に働きたい方から、社会との接点作りや居場所として、生活リズムを整えたりコミュニティ作りを目的としている方々が通われています。

働く喜びを体感してほしい・・・
私が障がい者福祉にかかわるきっかけとなったのは、「日本でいちばん大切にしたい会社(坂本 光司著)」でも紹介された日本理化学工業株式会社の当時会長であった大山泰弘さんの講演をお聴きしたことでした。
大山泰弘さんは、人間の究極の幸せとは「人に愛されること」「人にほめられること」「人の役に立つこと」「人から必要とされること」の4つであるとお話しされ、この4つの幸せは全て働くことで得ることができるともおっしゃいました。これは障がいの有無に関わらず不変なのだと思います。

社会と繋がり、人のお役に立つこと、社会や誰かから必要とされること、感謝される存在であるということは、自己肯定感を高めると共に、生きる糧となり、心に潤いをもたらしてくれます。難しい仕事(作業)であっても挑戦した経験、些細なことでも成し遂げた経験は大きな自信とやりがいになります。自己実現はその一歩一歩の先にあり、働くことで社会とつながり、世界が広がっていきます。
私たちは「2ndKichen」や「アニマルバンダナ」という商品をとおして、太宰府という地域から広く社会と繋がり地域に貢献していきます。お客様の喜びは利用者さんの収入へ直結します。誰もがそうであるように「収入」は利用者さん達のモチベーションのひとつであり、収入が増えることは選択肢が広がるということです。私たちは利用者さんの経済的自立を目標に、今後も高工賃を目指して参ります。

福本親吾